instagram

HISTOIRES de PARFUMS

Outrecuidant

イストワール ドゥ パルファン - オートルキュイダン | グレープフルーツとパイナップルが、大げさなオレンジブロッサムと共に挑発するかのようにつややかに香ります。対して言い返すかのようなサフランとカルダモンがこれみよがしに主張を強めます。レザーが香り出すと同時にラブダナムのウッディーノートと樹脂の香りは激しさを増し、そして最後に、パチョリによって引き立てられたウードが一連の傲慢さを許容するように全体を纏め上げていきます。 力強い香りを奏でるレザー、サフラン、そしてオレンジブロッサムは、大胆で在ることを決して恐れないのです。

Main notes:Saffron, Orange Blossom, Sandalwood, Leather


Showing great self-confidence.
- 自尊心を示す -
Grapefruit
Cassis
Pineapple
Obvious, unmistakable pride.
-紛れのないプライド -
Saffron
Cardamom
Orange Blossom
An impertinent and insouciant personality, daring.
- 生意気で大胆な性格 -
Cedar
Sandalwood
Patchouli
Leather
Labdanum-Ciste


香調:オリエンタル ウッディ
語源:ラテン語cogitareから派生した古仏語 cuidance (考えが飛躍すること)より


※En Aparté collection
会話のように、香水は表現のひとつ。ある時は宣言の形で、またある時は秘密の形で伝えられます。 声に出してはっきりと言えるものや、慎重にプライベートの範疇でしか表現できないものもあります。 そんな意図が込められているのがEn Apartéコレクション。 秘密とプライバシーを大切にしながらも妥協することなく、自由に引き出すことができる香りのコレクションです。


SIZE:120ml


  • 著名なキャラクター、マテリアル、および神話について語られる嗅覚のライブラリー。 ジェラルド・ギスランによって創造されたコレクションはインスピレーション以外のどのようなルールにも縛られていません。 このおしゃべりな作品は彼が想像するストーリーによって、敏感で官能的な香水として生まれ変わりました。 HISTOIRES de PARFUMS(イストワール ドゥ パルファン)はまさに肌で読む物語、嗅覚で読む本のようなコレクションです。

    調香師であり料理人でもあるジェラルド・ギスランは南フランス生まれのモロッコ育ち、自然の恵み豊かな地中海の香りに囲まれて、色彩センスと嗅覚が磨かれました。 そして、ISPCA(インターナショナルパフュームインスティトュート)を卒業後、2000年に調香師マーガリ・セニキエとともにブランドを設立。 ジェラルド・ギスランは料理と同様に、情熱、ノウハウ、そして創造性が香りを作る上でも重要であり、卓越したクラフトマンシップにより素材の良さを引き立て、調和する芳香を奏でることを目指しています。 エピキュリアン(快楽・享楽主義者)のジェラルド・ギスランが魂と情熱を注ぎ込み、香りによって書き上げたのがHISTOIRES de PARFUMSなのです。

  • ¥ 30,800 - taxin