instagram

OBVIOUS PARFUMES

UNE FIGUE

UNE FIGUE|ユヌ フィグ



わたしたちのところでは、イチジクの木は足を水 につけ、頭を太陽に向けていると言われている。「わたしたちのところ」とはコルシカ島のこと。そこでこのイチジクの木は生まれた。
水も滴るような海からの爽やかな潮風に、この島原産の植物、イモーテルの花に特有のハチミツ の温かさが香る。夏の終わりが名残惜しく別れを告げる、そんな パルファン 。


TOP NOTES
Essence of yellow mandarin from Mexico
Essence of Italian bergamot
Essence of eucalyptus.
Essence of Armoise from France
HEART NOTES
Fig
Immortelle absolute from Corsica
Maritime notes
BASE NOTES
Essence of cedar wood from Virginia
Essence of amyris wood from Haiti
Essence of vetiver from Haiti
SIZE:100ml


  • 2021年7月7日国内先行発売

    シンプルでありながら上質であること。クラシックでありながら仕上げに妥協しないこと。 そして心地よい時間を過ごしたいと思う時に纏ってもらえるフレグランスにしたい。 David Frossard(ダヴィッド・フロサール)が目指したのは「白いTシャツのような香水」。 誰かを魅了するためのフレグランスから、自分が気持ちよく過ごすためのフレグランスへ。 人々に幸せをもたらす高いクオリティーを保ちつつ、フレグランスを日常の一部と楽しんでもらえる適正価格を実現しました。 自分にとって気持ちのよいものなら、環境にとっても優しいものであるべきだという思いから、 すべての無駄を省き原料からパッケージに至るまで環境に優しいサステナブルな素材にこだわりました。 人々が屋内で多くの時間を過ごすことになった今、新しいライフスタイルにフィットし、自分を嬉しくする香りたちです。

    David Frossard(ダヴィッド・フロサール) ソルボンヌ大学で哲学の研究を終えた後、理論より実践的な方が向いていると感じたダヴィッドは、アフリカで香水や化粧品を販売するファミリービジネスをスタートしました。 香りの製法と歴史に興味を持ち、独学で進めることに熱心な彼は、L `Artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)に入るとエクスポートマネージャーを任命されユニークな販売方法を見出し頭角を現します。 2005年に、「インディー」香水ブランドのサポートに特化した会社「Differentes Latitudes」を設立。 この分野を牽引するブランドである BYREDO、Juliette Has a Gun、Atelier Cologne、Memo、BDK Parfums、Liquides Imaginaires、Parfums Frapin、Ella Kの立ち上げに成功しました。 2013年には、パリ3区にニッチフレグランスの専門店であるパフュームバー「Liquides,bar a parfume」をオープンし、 2020年秋に、満を持して自身の理念と信念を象徴するブランド「OBVIOUS」オブヴィアスを立ち上げました。

  • ¥ 17,600 - taxin